ハーブの種を蒔く。

今年はハーブをたくさん育てたくてハーブの種をまいた。

今年はなんだかんだ寒いので防寒対策はしっかり。

毎年ハーブに挑戦するのだがいまいちうまくいかない。

今回は本格的に土も配合して作ってみることにした。

 

混ぜたのは

☆作っておいた腐葉土(土、糠、鶏糞、落ち葉を3年ほど放置したもの。完全な土になってます。)
☆温床で使った腐葉土(種を蒔くために作った落ち葉温床。糠、落ち葉、鶏糞で作っている。こちらも3年ほど放置したもの)
☆バーミキュライト(いろんな種類があるけれど、粒が細かいものを使いました。)
☆市販の種まき培土(リッチソイル使用)

これを混ぜて水はけの良い土を作った。トロ箱に入れて全てを混ぜる。
比重はかるい。

去年までは種まき培土のリッチソイルのみの使用だけで失敗を繰り返してきたので今回はいろいろ調べてハーブに適した土にしようと奮闘。

今回は、ポットに植えずに育苗箱でやってみる。

上手く出るかはわからないけどやってみなきゃわからない。

リッチソイルだけで発芽したのは、バジル各種と、ディル、コリアンダー、ルッコラ、カモミールのみ。

あとは全滅。

今年は庭にハーブ園を開園予定なので、うまくいくといいなぁ・・・。

ハーブは野菜と違って特殊なので本当に難しい・・・。

苗を買えば解決だけど自分でやってみたいじゃないやっぱり。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です