罠をつくる。

師匠のところに罠を作りに行った。
罠の材料は師匠が取り寄せてくれてその部品を一緒に組み立てる。

塩ビ菅は自分で用意した。

 

ワイヤーに部品をつけていく。

細かな技が光る。

やっぱり罠は自分で作らなきゃだめだな。

 

罠の作り方は簡単に説明すると、

①約2mに切ったワイヤーのてっぺんを丸く止める。

②塩ビ菅のキャップ TS16の頭にインパクトドライバで穴を開ける。

③キャップをワイヤーに通す。

④バネをワイヤーに通す

⑤VP13の塩ビ菅を30cmに切ったものをワイヤーとバネの上に通す。

⑥塩ビ菅のキャップ TS13の頭にインパクトドライバで穴をあけ、ワイヤーに通す。

⑦ワイヤーに通した、30cmに切った塩ビ菅13とTS13のキャップを塩ビ菅用接着剤で止める。

⑧バネ止めのネジをワイヤーに通す。

⑨より戻しをつける。

10.反対のより戻し側に約1mに切ったワイヤーをつける。

11.ワイヤーの先を丸めて止めて完成。

 

罠の部品はこのサイトのお店から取り寄せているらしい。

ご参考までにリンクをはっておきます。

↓↓↓

罠の部品サイト

6本作ってもらったのだが1時間程度で完成した。

次は自分で作ろう。

今回はバネ。

罠本体は自分で塩ビ菅を使って絶賛作成中だ。

 

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です