銃、二丁目を持つので警察に行く。

なぜすでに一丁銃があるのにもう一丁持つのか。

 

明確な理由がないと二丁目の所持は難しいらしい。
今回は私が持っているのは射撃用の銃なので、そちら専用で使うから、猟には新しく譲り受ける自動銃を使いますとの申請を行った。なので、所持許可証にも、今持っている銃には有害駆除の許可は取らず、新しい銃につけようと思う。

警察へいったのだが、やはりいつも通り、個室というなの取調室に通され面接を行った。
今回は窓ありの部屋だったので少し開放感あり♪・・・。

去年隣の市で、銃の更新書類に警察の不正があったためか、今まで個室で受付していたのに今ではみんなが見えるところにカウンターを設置しており、書類の手続きはそこで行うようになっていた。

何度行っても取調室で一対一で話すのは本当に精神的に疲れる。
今回は追加の所持だったので、初回のように細かくいろいろ手続きはなかったものの、いろいろ聞かれるしやはり緊張する。
余計なことは一切言わす、ありがとうございます、お願いいたします、ご迷惑おかけしますのローテーションを口にしながら処理をしてもらった。

書類は、申請時と同様(記事参照)だが、省略できる物もあるので、ちょっと書いておこうと思う。

☆銃砲所持許可申請書
☆医師の診断書(3ヶ月以内のもの)
☆譲渡等申請書(銃砲店や、譲り受けるところが決まっていればその方の印鑑が必要。書類は猟友会の方に作ってもらいました。)
☆保管設備の説明書(家の間取り図など)
☆申請代5,400円(大分県証紙を警察で金額分購入する。)
☆ガンロッカー、保管金庫の写真
☆印鑑

(☆同居親族書(教習射撃申請以降、変更なければ省略可))
(☆経歴書(教習射撃申請以降、変更なければ省略可))
(☆身分証明書(教習射撃以降、変更なければ省略可))

 

以上です。所持許可申請などに比べると書類の量も少ないし、警察署には一回行けばいいので楽。
あとは最寄りの交番や、駐在所から警察官がやってきて、ガンロッカーの取り付けなどの現地調査を行うということらしい。
申請が通るまで約1ヶ月かかるそうで、それまでおとなしくまってることにします。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です