穴熊を食した話。

そういえば、穴熊をいただいたので、さばいた。

箱わなにかかってるよ〜ということで行ってみると、もう仕留めたあとだったので、いただいて帰りました。

 

さて、さばこう。

と思ってとりあえず皮をはいでみると、すごい脂肪・・・。
イノシシや鹿ではありえないほどの脂肪・・・。

この厚い脂肪で体を守っているんだな。

ただ、脂肪がすごくぶよぶよしているので、非常に皮が剥がしにくい。
油をどれくらい残そうか考えながら皮をはいでいく。

ぶよぶよ・・・・

皮を剥ぐのに結構な時間を費やしてしまった。
大きさはイノシシの子どもくらいの大きさで結構大きくてびっくりした。
穴熊はすき焼きにするとうまいと聞いたので、その言葉を信じてとにかくさばく。

大体皮をはぎ終わると、脂肪も一緒にはいだので、肉はけっこう少なめだ。

ただ、それでもまぁ、食べるほどはあるので骨を外し、肉を切り分けた。

 

その後、少し焼いて食べてみたけど、私はイノシシのほうが好きかも・・・。
調理の仕方が悪いのか???

う〜ん。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です