一家団欒のディナータイムを襲った人生初の出来事。

今日の夕飯は自家製野菜のキッシュと、ナポリタン、そして自家製野菜のコンソメスープ。
ゆっくり食べ終わってくつろいで話をしていた時のことだ。

 

床下から、

 

どんどこどこどんどん!

 

と大きな物音と共に床下から若干突き上げるような振動があったようなきがした。
ガタガタとかではなくどんどんだ。
音は大きく、今までは天井らから獣の足音が聞こえるくらいだったけど今度は足の下から音がした。
あまりにも一瞬のことで地響きがしたかと思った。

台所の床下の周りは空いた隙間はないのでリビングや座敷などの床下から侵入したと思われる。
最近、コンポストのところに穴を掘られていたり糞を巻き散らかされたりしていたので、犯人はたぶん、イタチなどの小動物のようだ。

その音の後には、マーキングしたのか、かなりの激臭が家の中にこもっていた。

最悪だ・・・。

急いで家中にお香を焚いて匂いを消したのだが、まさか、天井裏だけでなく床下での音は人生初めてだったので本当に驚いた。

 

田舎の消滅集落で暮らし始めて9ヶ月。
何が起こるかわからない。
予想だにしないことが日々起こる。それがここ。刈小野だ。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です