あの◯◯ちゃんが!?今はそうなったの!?

私は学生時代、本当目立つほうではなく、勉強や運動が特にできたわけでもない。活発でもない。どちらかといえば自分の意見も言わず、人の影に隠れていたような性格で、クラスメイトの記憶にあまり残っているタイプでもない小、中、高校生だった。
そんな学生生活を送っていた私は、それなりに楽しく学生生活を送っていた。他人の目から見れば上のような感じで目立つタイプでなかったので話したことないクラスメイトもたくさんいる。
が、大人になってから、学生時代とは真逆の仕事をしたり、生活をしたりするのでよく驚かれる。

あの、ハルちゃんが!あんなことしてる!!なんで!あんなに目立たなくて猟師なんかやりそうもないのに!
人前に出て野菜なんか売ってるタイプじゃないのに!

 

と思われているようだ。
とくに当時を知っている同級生や、そのご両親によく驚かれる。
まぁもちろんそれを言われたからといっていちいち反応しているわけではないのだが、学生時代に目立ったからといってずっと目立ち続けるわけでもないし、逆に目立たなかったとしても大人になれば性格も考え方も変わるからずっとそうじゃないし。
学生時代に限らず過去を知る人が現在の自分を知ると良くも悪くも同じような反応を示すのは非常に面白い。
私がシングル百姓している事実よりもその反応のほうが何倍も面白く感じる。
だから私はそういう反応されたとしても、面白がって聞いていることにしている。
別にあなたの期待にそうような人生は送らないし、私がどういう人生送れば、

あ〜学生時代のままのハルちゃんだね。

と言われるのだろうか。逆に知りたいし、そうしてみたくもあるw

 

だから私は他の人が昔何をしていようと、そんなに

あの◯○ちゃんが!

という反応を特にしていないと思う。(自分で言っているだけなので実はかなりしているのかもしれないし、そこはよくわからないがw)
正直昔がどうだろうとまぁどうでもいいからだ。

多分私が昔をコンプレックスに多少しているところがあり、自分が昔のことを言われてあんまりいい気持ちもしていないので逆に他人の詮索はしたくないと思っているせいかもしれない。

まぁ、今の私の結論としては

他人がどうしようがどうでもよい。
過去がどうだろうが関係ない。今は今だから。

 

この二つのことを思っている。
あの◯◯ちゃんが!

しか言わない人は逆にどういう人になっていれば期待通りなのかぜひ聞いてみたいところだ。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です