銃の所持許可申請を出す。〜猟師への道シリーズ 13〜

ついに教習射撃が終わったので銃の所持許可申請を出しに最寄りの警察署の生活安全課に行ってきました。

今回提出した書類は

☆銃砲所持許可申請書
☆同居親族書(教習射撃申請以降、変更なければ省略可)
☆経歴書(教習射撃申請以降、変更なければ省略可)
☆医師の診断書(3ヶ月以内のもの)
☆証明写真1枚
☆身分証明書(教習射撃以降、変更なければ省略可)
☆住民票(本籍記載のもの。教習射撃以降、変更なければ省略可)
☆譲渡等申請書(銃砲店や、譲り受けるところが決まっていればその方の印鑑が必要。書類は猟友会の方に作ってもらいました。)
☆講習修了証明書(所持許可の講習会で交付されたもの)
☆教習修了証明書(射撃場で交付されたもの)
☆保管設備の説明書
☆申請代9,000円(大分県証紙を警察で金額分購入する。)
☆ガンロッカー、保管金庫、銃の写真
☆印鑑

以上の書類をもって警察署に行く。
私の場合、教習射撃をしてから住所変更をしたため、全ての書類を提出する必要となりました・・・とほほ・・・。書類は自分で書くところ以外は地元の猟友会の方がよくしてくれて、書類を作ってくれたので手書きの部分は少なくて本当に感謝です。
書類提出にいったところ警察の取調室にて本当に取り調べなんじゃない??ってくらい事細かにいろいろきかれまして・・・・。
そんなことまで!!!!!個人情報でしょ???!!!!
みたいなことも沢山聞かれ心が折れそうになりました・・・。何も悪いことしていないのにしたんじゃないかって思うくらいの質問攻めで、密室という空間でもあるためこんな空間で言われると自分がなんか罪を犯した気になるよ・・・本当に。
ということで、初回はこんな感じですごいプライベートなことまでぜ〜〜〜〜んぶ聞かれるので心の準備をしていた方がいいかも・・・。私の場合は転居が多い、転職が多い、離婚をしている、というこの3つのことが重なりまして・・・かなり聞かれた感じですかね。
はぁ・・・。
居住家屋の見取り図とかも書かなければいけないのであらかじめ作っておくのも良いかもしれません。
ちなみに私はガンロッカーは銃を持つのをやめた方にいただいたもの、金庫は空き家を改修した時に出てきたホーム金庫。ラッキー♪を使っています。

さて、所持許可が降りるのがあと1ヶ月後らしいのでそれまでおとな〜〜〜〜〜〜〜〜〜しくまつとしますかね。
あ、所持許可申請すると、金庫とガンロッカーの場所など確認しに地元の交番や、駐在所から警察官が家にやってくるそうで・・・。それはまだなのでまた後日レポします。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です