いろいろ書いてるけど”田舎暮らし”、私は好きだな。

田舎が嫌なら住む必要はないよね。
当たり前のこと。
私がこの刈小野の消滅集落にいるのは田舎が好きっていう気持ちはまぁあるけれども。(居心地いいし静かで庭付きだし、車も停め放題だし低コストでの生活が実現できるから)
なんだかんだ言いつつ好きなのかもね。じゃなきゃここにはいないだろうし。

嫌いで文句を言ってまで住むなら出て行くと思う。

若者も田舎に住みたい人住みたくない人いろいろいるが、その中でも(私があった中なのでかなり狭い範囲なのだが)田舎には6種類の若者がいると思う。
データが少なすぎるのであくまでも私の独断と偏見になると思うがまぁ、私のブログなので言いたい放題言いたいので聞いてほしい。

①田舎が嫌だけど住んでいる。
出たくても何かしらの理由があって出られない。
と自分ではいう。悲劇のヒロインタイプ。主な理由は仕事が・・・とか収入が・・・とか子どもの学校が・・・とか言い出せばキリがなないのだが。
この人の場合は出ると言って自分が出てしまえば全部解決するんじゃないかと私は思ってしまうが、本人としてはいたって真剣に考えていることなので余計な口出しは絶対しないのだが。なんだかんだいいつつ田舎が住みやすくて案外好きなんだと思う。

②田舎がどうなろうがどうでもいい。
特に好きでも嫌いでもなく淡々と生活する。基本的に毎日決まった仕事に行き決まったルーティーンで動く人に多いと思う。何も考えないで置かれた状況の中で生活する。私はこのパターンに結構属するんじゃないかと自分で思う。決まった仕事というのはちょっと違うのだが、自分の思うままに淡々の生きている。その点ではここkに属すると考える。

③田舎が好きで好きでたまらない!田舎を変えたい!変化を起こすぞ!
こういった意気込みのある方は大変尊敬する。私は別に一ミリもこのような感情はないからだ。
賛否両論ある中で突き進んでいけるのは素晴らしいと思う。ただ、まぁ、その内容にもよるけれどもね・・・。
でも、私はこういったことは全くできないので批判ばかりしていないで自分の生活をもっと充実させて、得意な人に任せておこうと思う。

④田舎に絶望し、諦めているから、田舎が好きとか嫌いとかない。
の人はもう、田舎に住んでいるけれども何にも期待していない人だと思う。自分でどうしようとか、田舎に人がいないからこうしていこうとかもう諦めてしまって②に似ているが淡々と過ごしているだけだろう。

⑤ただ単純に田舎が大好きだ!!!
本当に田舎が大好きで田舎暮らしがしたくて仕方ない人。子育て環境抜群!空気もきれい!静か!人が少ないので人混みもない!のどか!とかいろんな理由でいらっしゃるだろう。果たして理想と現実は??

⑥田舎なんか大嫌いだ!絶対すまないぞ!!
という人は田舎出身の人も多いが、田舎に住むと煩わしい人間関係やまぁ、その他いろいろ理由があると思う。
そういう人はだいたい都会にいるんじゃないかな??
あと自分が描いている理想や希望が崩れ去った時、⑤の気持ちを抱いて引っ越してきた人がこの感情になるのもよくありうるので⑤とは正反対だけれども結構近いところにはあるのかな。

という感じで私の中では分けている。
これは人それぞれ見方が違うのでなんの参考にもならないただの私の意見なのだが私は好きとか嫌いとかないけど居心地いいから住んでいる。それって好きに入るのかな??そこで区別することは難しいことだけれども、いろんな田舎があり、問題はそれぞれあるだろう。
でも私はこの”刈小野”という田舎は居心地がいい。
この先どうなるかはわからないが、今のところこの地区に住めている。それだけで幸せだ。
期待せず淡々と生きていこう。
そうすればゴミ袋いっぱいの軍手が貰えるのだから。
(軍手は本当に使える。使い捨てできるし最高!!)

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です