今日は火曜日、お天気もいいし布団を干して夕ご飯のメニューを考える。

なんでもないただの平日。
早朝はまんじゅうのアルバイトに行き、帰って子どもを学校に送り届けてから、畑の様子を見る。
その後は薪を調達して持って帰り整理整頓。
屋根に登って雨漏りの簡易修繕を行い、とりあえずほっと一息。
時間は9時30分。
朝2時起きだったのでしばらく仮眠をとってのんびりする。
午後から予定が入っていたのだが、なくなったので図書館でぶらぶら本を読む。
そしてこのブログを書いている。

去年までミニトマト農家をがっつりしていたので、時間は全てミニトマトに捧げてきた。
寝ても覚めても4月から11月まではミニトマトだ。
確かに金銭的にはすごくよかった。でもそれだけだ。
布団をまめに干したり、掃除をしたり、子どもと遊んだり薪を調達したり、狩猟をしたり。
こんな時間は全くない生活だった。
ただ金銭的には大きく儲けたりはしないが、その分お金にならない仕事(例えば、家の周りの草を刈ったり薪の調達をしたり、家の修繕をしたりetc…。)が増えた。消費しない分を自分で補って自分で生産していかなければいけないのでミニトマト農家をがっつりしなくなったと言っても毎日やることはある。ただそれがお金になるかならないかの違いだけなのだが。お金の観点から言えばそうなる。

でもこのままでいいのかな??
そう思ってミニトマト農家は一旦休憩したのが今年。

今までお金のために、とあくせくしていた時間を全て違う方向に向けてみた。
自分のスキルアップの時間や子どもとの時間、のんびりする時間。
たしかに収入が少ないのだがその分気分が楽になったし、今まで気づいてあげられなかった子どものことも気づくことができた。
世の中お金は確かに必要だ。
ただそれだけに執着すると何もできなくなる。
お金は田舎でもバイトすれば稼げる。今は違う時間を大切にしたい。

その大切な時間をつかったおかげで鉄砲撃ったり、イノシシをさばいたり、新たな人脈ができたりと今からの人生を過ごしていくためのスキルが身についた。
でも、まだまだそれも始めたばかり。さらに新たなスキルを身に付けたいので模索中だ。
この冬は猟師に、新しいスキルにやりたいことが盛りだくさんだ。

今、やりたいことは機械修理がしたい。
機械修理屋の未経験者で技術を教えてくれそうな機械屋さんがあればぜひご紹介していただきたい。

さて、明日は何をしているだろう。百姓になると私が選んだ生活は毎日が綱渡りだがとても面白い。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

“今日は火曜日、お天気もいいし布団を干して夕ご飯のメニューを考える。” に2件のコメントがあります

  1. はじめまして

    平成9年に竹田に移住
    もう20年にもなりました!(◎_◎;)

    野菜を作っています
    玉ねぎの苗床にイノシシが踏み荒らし
    ムカついてます

    移住した当時を思い出しながら
    あるあるってうんうんって
    ブログ楽しみに見ています

    1. はじめまして!
      そうなのですね!

      ですよね・・・・イノシシ・・・うちも野菜を荒らされて電柵を張ったりしています。
      とりあえずのイノシシ対策は網を畑の周りに敷くとこなくなったり、くさを刈ったりすると来なくなる場合もあります!
      私もイノシシ・・・ムカつきます。

      田舎に入ると本当に毎日いろいろあります。同じ体験をされたのですね。
      読んでくださりありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です