今日はadidas、今日はクボタ。そして猫は膝の上。

朝3時、今日は地震から目が覚める。

今日はバイト。朝から準備をしてバイトに行く。トマトハウスの仕事だ。
大玉トマトを栽培している場所に車を走らせる。

朝8時、早速仕事場につくとバイトのリーダー気取りのおばさんから指示を受ける。
もちろん初心者だ。ただこのバイト先に長くいるというだけの立場だから笑える。別にプロとかじゃないしwただのおばちゃんパートだ。
バイトリーダーは私が仕事を始めるとすぐに寄ってきて私がした仕事がダメだとおせっかいを焼いてくれる。
いらん世話で正直めんどくさいけど反論せずあしらう。

今日の仕事はトマトの収穫だ。はっきり言ってトマトの収穫は赤くなったものだけとればいいから誰でもできる。
でも、バイトリーダーは違う。自慢げにどの色で収穫しろと指示を出してくるw自分が一番上で偉いと思っているからw
その場でしか威張ることのできない寂しいおばさんだ。上下関係でしか付き合えない寂しい人。だから私がそうじゃないかと意見しても聞き入れられないのだけども。
結局バイトリーダーが言い出したことはさらなる上の人が来てさっぱり覆されたw上の人だからいうことを聞いただけw

さて、それからはハウスの修繕や葉面散布のホースまきの仕事をし、昼からはトマトの選果とトマトの葉を刈る仕事をした。

今日1日で10217歩、歩いていた。

意見を聞き入れる、おせっかいからみえてくるもの

まず今回の一件から見えてくるものは何だろうか。

☆バイトリーダーのおばちゃんは上下関係でしか会話できない。
☆おせっかいを焼くのはやめたほうがいいと思う。放置が一番。

 

とまぁ2つのことをすごく感じる。
田舎のお年寄り全般に当てはまるのだが(まぁ当てはまらない人もいるけども)大体の人は年齢が上か下かが重要になる。だからバイトリーダーのおばちゃんは私がいくら言っても年が下だからという謎の理由で話など聞いてくれはしない。
腹がたつけどそういうものだ。だから田舎には人がいないんだよ!!!と思っていまう。感情的にならなくてもそれが一因になっているのはあると思う。

2つ目のおせっかいだが、これも近所のおばあちゃん達と同じで、おせっかいを焼きすぎる。
多分自分が暇だからとかそういう理由でだとは思うけれども、とにかくおせっかいを焼きたがる。
いらん世話というやつだ。
そして根ほり葉ほりきいて、それを近所の人々と情報共有する。
暇だから。

まぁ、田舎に来たら一人に言ったらその情報は近隣のひと全てに話していると考えたほうが良いだろう。
とりあえずいろいろ今までノウハウを書いたがこの2つだけは最低限おさえておけば後で幻滅したりすることは少ないと思う。

 

 

 

タイトルのadidas。これは前回キュートなコンバースを履いていたおばあちゃんが今日はadidasを履いていてなかなか洒落ている。靴はいつも何かしら可愛いものを履いているので面白いw孫のお下がりらしいが。

クボタの帽子だが、冒頭の画像の帽子。
これは先日の道普請の際に私が帽子をかぶっていなかったため、帽子をあまり持っていないと思ってくれたようでいただいた帽子だ。たくさんあるからあげると言っていた割には1つしか渡さないというのが笑えるがwありがたくいただいておこう。今日バイトから帰るとポストの上に置いてあったw

 

田舎の男性陣は基本シャイなのであまり顔を出さないw
これも覚えておくと良いかもしれない。

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です