2018年猟銃及び空気銃の取り扱いに関する講習会を受けてきました。大分県版〜狩猟への道シリーズ②〜

前回はアマチュア無線取得までの道を説明しましたが、今回はその後。
2018年5月26日に行われた

 

この講習会について説明します。

猟銃及び空気銃の取り扱いに関する講習会申し込みへ

必要なもの
☆申し込み金額 6800円(後で県証紙を買うため)
☆申し込み用紙(事前に最寄りの警察署でもらっておく)
☆印鑑
☆写真(大きさ、枚数の指定があります。)

今回受けたのはこの講習会。
銃を所持してもよいですよ、という許可をとる講習会です。都道府県ごとの公安委員会が主催しています。
要は銃の所持許可をもらうための講習会です。
でも実は講習会とは名ばかり。最後に試験があり、さらに初心者講習会に合格した後に実技試験がありそれにも合格しなければ持許可証はもらえません。
ちなみに今から説明するのは私が受けた大分県での体験談と説明です。他の都道府県ではまた違ってくるのかもしれません。
まず、この講習会に申し込みをします。だいたい講習会の1ヶ月前くらいから始まっているようですので確認が必要です。
申し込みは最寄りの警察署の生活安全課にて行います。
私が申し込みに行った際、30代、女性ということで若干ですが怪しまれた・・・。
警察署にて必要書類に記入していき、免許証など見せます。
それが終わると警察署の窓口で”大分県収入証紙”というものを6800円分買います。
ちなみに竹田市の警察署の窓口には”大分県証紙売りさばき所”と買いてありました。
窓口で買ってからその場で提出し申し込みは終わりです。
ちなみにこの受付を行った場所・・・薄暗くて多分取調室です・・・自分が取り調べを受けている気分になる。そんな申し込み現場でした。最後に前科がないかかなり聞かれました。あると銃は所持できないのでと説明されました。
ちなみに申し込みをすると、

↑の本が警察署にてもらえます。
これは講習までの1ヶ月間、読んでおくことをお勧めします。講習会という名の試験があるからです。
しかも暗記・・・1回の講習では覚えるのは難しいと思います。
落ちれば6800円と時間が無駄になります。せっかく日曜日などの休日を返上して試験を受けるのですから。

ついに本番!講習会へ行ってきました!

そして来る2018年5月26日。とうとう本番です。場所は大分市のコンパルホールという所です。

だいたい40名くらいの方がいて、高校生、女性が若干、他は成人男性多数。

実は私、この講習会を受ける前に何も下調べもせず行ったのです。今考えれば恐ろしい・・・。
この講習会でテストがあり、合格しなければ次のステップへ進めないということを知らなかったのです。
試験は別日だろうと思って望んだ講習会。その日に試験があるということを知ったのは、講習会の説明を聞いた時でした。
無知は怖い・・・。
隣の人は問題種の問題を解いてるし・・・。
慌ててネットで調べてみると1ヶ月前に本を読んだり問題集を解いたりといろいろみなさんされている!!!やばい!これは確実にやばい!!!何もしていない!!!私はどうなる!!!
と真っ青になりながらとりあえず本を読む。が、全くわからず・・・・やばい・・・やばい・・・。
ネットにあった、問題をみても全くわからず冷や汗まみれ・・・。
そしてどんどん時間は進み午後へ。午後からも講座は続き、眠くなるので気をつけなさいとかアドバイスもらったけど、眠くなるどころか試験時間が近づくことへの恐怖に寝るとかありえん!
という感じでした。
と、最後の方の講義で講師の方が、もう一度重要な所を言うからそこを復習しておきなさい、みたいなことをおっしゃるので取り合えずそこをチェック。
講義が終わって試験まで少し時間があるので、ひたすらさっき言われた重要なポイントをチェック。

そしてとうとう試験!
何も勉強せず1日だけ勉強してやるとか・・・これで落ちたらお金も時間も・・・。
テストは50問中45問正解で合格。
マルバツ形式でやります。
どきどきしながら問題を開くと・・・・あれっ!!!あれっ!!!すごく簡単だ・・・・。
よし!やった!
ということで試験は終了。
合格発表は1週間後、申し込みをした警察署からの電話連絡で行われるそうで、1週間後連絡があり、無事合格しました。

今回は大分県でのことですので、他県では共通なのかはわかりません。ただ、私のように当日焦らないように、教科書はしっかり読んでおくことは大事だと思います。

さて、これに合格した後は、次、講習終了証明証をもらい、そのごクレー射撃での実技訓練となります。
この申し込み手順についてはまた書きたいと思います。

 

 

 

作成者: Haru

シングル百姓。 農業を初めて6年目、猟師見習い中。大分県竹田市の消滅集落で一軒家を借りてDIYリフォームし住んでいる。2人の娘、ネコ2匹と暮らしている。

“2018年猟銃及び空気銃の取り扱いに関する講習会を受けてきました。大分県版〜狩猟への道シリーズ②〜” に2件のコメントがあります

  1. 合格、おめでとうございます。
    ブログ凄く楽しみに見させて頂いております。
    自然豊かな環境の中で、四季折々の恵みを頂ながら、自由に暮らす姿は実に羨ましいです。
    誰もが望み誰もが出来ないでいる夢の生活を、勇敢にしかも女性であることは実に素晴らしいと思います(拍手)。頑張って下さいね!。

    私も定年退職後は、絶滅寸前の日本固有の獣猟犬である純血サツマビーグルの保存普及活動に取り組んでいます。
    活動の詳細は、ホームページ『日本狩猟犬サツマビーグルの郷』をご覧ください。

    にほんブログ村の「ハンティング」にも、ブログ『狩猟犬サツマビーグルのつぶやき』を投稿しています。
    但し、ランキングは10位前後ですが・・・(笑)

    1. コメントありがとうございます!
      そう言っていただけるとありがたいです。
      この生活をはじめて不安な部分や、自分の技術のなさに悔しい思いをすることは多々あるのですが、何事も挑戦しなければ始まりません。
      なんでもやってみようと思い始めたことです。楽しんでやりたいですね。

      恥ずかしながら、純血サツマビーグルと初めてお聞きしました。
      素晴らしい活動だと思います!
      ブログ拝見させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です